トリバンドラム

インドのSIMカード事情

ナマステ! 

インドへ来て4日経ちましたが、まだ不便なことがあります。

SIMカードをまだ持っていない! 

短期間の海外旅行であれば、Wi-Fiをレンタルすれば良いのですが、長期となると断然SIMカードが安いです。

ただ、インドのSIMカードの取得はとても面倒臭いです。

簡単に必要なものと注意事項をまとめてみます。

SIMカード取得に必要なもの

今回私は、インドで一番知名度が高いAirtelという会社のSIMを契約しました。

SIMカードをインドで取得すれには、以下の3つが必要です。

  • パスポートのコピー
  • ビザのコピー
  • 証明写真1枚(大きさなどの指定はなし)

SIMカードってパスポートくらいあれば簡単に作れる経験しかなかったので驚きでした。

 

また、仮にSIMが買えても、実際に使えるようになるのは翌日(早ければ12時間)以降です。

これだけ見ると面倒なことばかりですが、値段は破格です。

 

  • 80日間有効(インド国内ならどこの都市でも)
  • 毎日1.5GBまでなら4G回線で通信可能
  • インド国内電話もタダ(制限はありますが、基本LINEなので問題なし)

 という条件で

550ルピー(900円くらい)

日本だと考えられない値段です。

この容量ならば、テザリング機能を使ってWi-Fiを共有しても問題ありません。

仮に容量が切れてしまっても、近くのAirtelショップ、もしくはチャージに対応している個人商店のようなところでもでチャージ可能です。

基本的にAirtelと記載のあるお店であれば対応してくれます(英語はあまり通じませんが)

ネットからチャージもできるのですが、これに関してはインドで発行したクレジットカードでしか対応できませんので、日本人には少し難しいかもしれません。

私の場合、知り合いのインド人にお金を渡し、その分のデータ容量を買ってもらった後、買ったチケットを自分の番号宛に送ってもらっています。これならわざわざ自分で手続きしなくてよいので、かなり楽です(笑)

日本は携帯代金が高い国として有名なので、この料金で80日間も携帯が使えるインドは最強です。

ちなみに、携帯関連でいいますと、

インド人はWhat’s Appというコミュニケーションツーかなりのルを使っています。

インド人はLINEを全く使っていませんので、もしインド人と関わりたいのであればインストール必須です。

インドのことを知ってはいるものの、中々来ることはありませんよね。

ただ、詳しく知らない分、来てみるとたくさん発見があって本当に面白い国です。

このような形でインド投稿を増やしていきます。

ではまた!

 

多くの方に旅の良さを共有したいです!ポチっと協力お願いします!

-トリバンドラム
-, , , ,

Copyright© 新卒リーマン弾丸旅行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.