お金に関する話

アメックスプラチナカードはサラリーマンこそ利用すべき!サラリーマンが使うメリット&デメリットを徹底解説!

富裕層が使うイメージが定着しているアメリカン・エキスプレスカード(通称アメックス)でも最高クラスに位置するプラチナカード。

サラリーマンが持つカードではないという声が多いが、そうだとは思わない。

むしろ、サラリーマンこそアメックスプラチナカードを有効活用すべきと考えている。

私は入社して数年でプラチナカードを利用し始めた。だからこそにサラリーマンこそ使うべきカードだという結論に至った。

とはいえ、いくらプラチナカードといえどクレジットカードが使いやすいか否かはその人自身のライフスタイルによって大きく異なる。

そのため、今回はサラリーマンの方が使うという点にフォーカスを置いたうえでメリットやデメリットをまとめた。アメックスプラチナカードを検討している方は是非参考にしてほしい。

 

こんな方におすすめ

  • アメックスプラチナカードを検討している方
  • アメックスプラチナカードのメリットデメリットを忖度なしに知りたい方
  • アメックスプラチナカードに憧れを抱いている方

 

アメックスプラチナカードの概要

アメックスカードの中でも最高ランクの位置づけ

まずアメックスカードについて簡単に紹介する。

アメックスに限らずだが、大抵のクレジットカードは大きく分けて2つのパターンがある。

1つはプロパーカードと呼ばれるもの。アメックス社が独自に出しているオリジナルのもので、ロゴのマークはセンチュリオンのマークがでかでかと乗っているものだ。

メモ

一般カードと事業主用のビジネスカードがあるが、今回は一般カードに関して書いている。

もう1つは提携カードと呼ばれているもの。こちらはアメックスと別の会社が提携して発行しているカード。最近ではSPGアメックスカードセゾンアメックスカードが有名だ。

今回私が説明するのは前者の「プロパーカード」のプラチナカード。

プロパーカードには4つのランクがあり、年会費が安い順で書くと

  1. アメックスグリーンカード (年会費13,200円)
  2. アメックスゴールドカード (年会費31,900円)
  3. アメックスプラチナカード (年会費143,000円)
  4. アメックスセンチュリオンカード (年会費378000円+入会金540,000円)
テラ
一つだけ桁違いのカードがあるんだけど。。。

 

センチュリオンカードというのは俗にいうブラックカードな。このカードに関してはAMEXからの招待制でしか入手できなくて、相当な利用金額や収入が求められるんだわ。本当にごく一部の人しか持てないと思う。
ヤンチャのテラ

 

プラチナカードもこれまでは招待制だったが、2020年から申し込み制に変更されたため、希望者は簡単に申し込むことができるようになった。そのため、取得をすること自体はそこまでハードルが高くない。

金属製のカード(重量18g)

プラチナカードの特徴としてまず出てくるのが「金属製カード」ということ。

重量18gというのは一般的なクレジットカードの約4倍の重さになっている。持った瞬間から「重い」と感じるのでプラチナカードを持ったという実感もしっかり湧いてくる。

金属製だからといって使用に困ったことは一度もないが、稀に機械が反応しないことがあるそうだ。希望者の方には無料で金属製ではないセカンドカードが配布される。

こちらは予備カードなので、万が一カードを紛失してしまった際に使うことが可能だ。後ほど書くが、家族カードを発行した場合はすべて金属製ではなくプラスチック製のカードになる。

 

アメックスプラチナカードをサラリーマンが使うメリット&デメリット

メリット

ここから本題であるが、サラリーマンがアメックスプラチナカードを使うメリットを紹介していく。

メリットの数を上げればキリがないのだが、サラリーマンである私が利用してメリットだと思ったものを1~3位でランク付けした。

 

24時間対応のコンシェルジュサービス

アメックスセンチュリオンラウンジの利用

ホテルメンバーシップ

 

1位

1位は何と言っても「コンシェルジュサービス」

 

テラ
イメージとしては24時間対応の自分の秘書だ

 

通常クレジットカードの窓口は平日9時~18時&土日祝日は休業ということが多いため、サラリーマンの多くの方は中々電話をすることができないだろう。

ただ、プラチナカードであれば、365日24時間いつでも窓口の方が電話対応してくれる。当然だが、深夜でも早朝でも対応可能だ。

対応できるサービスも幅広く

  • レストランの予約&ギフトの予約
  • 旅行の手配&旅行計画のプランニング
  • カードに関する問い合わせ

などが対象範囲。

レストラン予約の際は、人数、日時、場所、予算を伝えれば候補のお店を最大3つ紹介される。何も言わずとも景色が良い席を予約してくれたり、個室を手配してくれたりと細かな心遣いがプラチナカードならではだ。

サラリーマンにとってメリットなのは、自分でお店の選定から予約までを行う必要が全くないこと。

サラリーマンはどうしても飲み会の幹事になったり、先輩後輩の付き合いでお店を選ばなければいけないことが多い。

ましてや、営業マンのように取引先の方との接待ともなると、自分の土地勘のある場所以外でのレストラン予約というのはかなり神経を使うだろう。

コンシェルジュサービスがあれば、同席する人の最低限の希望、予算、好き嫌い、エリアさえ聞いてしまえばそれだけでレベルの高いレストランを選定してもらえるのだ。

また、これに関しては旅行でも同じである。飛行機やホテルの手配、観光ツアーの手配など、自分で調べたら相当時間がかかってしまうこともコンシェルジュに頼めば全て手配してくれる。

2位

2位はアメックス会員専用のセンチュリオンラウンジが使用できる点。

こちらは主に北米の空港で使えるサービスとなっていますが、北米以外でも利用できる空港はあります。

空港ラウンジといえば「プライオリティパス」というものが有名ですね。

ヤンチャのテラ
世界中のPLAZAラウンジが使用できるやつね!

サービスは良いのですが利用客も多くいのがネック。その点に加え、センチュリオンラウンジはAMEXプラチナカードorセンチュリオンカード会員限定のラウンジのため利用客も比較的少なく快適に過ごせますちなみにですが、プラチナカードを持っているとプライオリティパスのステータスも最上位(プレステージ)になり、年間無制限でPLAZAラウンジを無料で利用可能です(同伴者も1名まで無料)

プラチナカードの場合、家族カードは4枚まで無料で作成でき、家族会員の方にも同様のサービスが付帯します。

テラ
つまり、子ども2人がいる4人家族の場合、妻に家族カードを発行すればそれぞれのカードで2人、合計4人が無料でセンチュリオンラウンジを利用可能できるってこと

3位

3位は「ホテルメンバーシップ」です。

プラチナカードを所有すると自動的に世界4大ホテルと呼ばれるホテルチェーンのゴールド会員ステータスになることができます。

世界4大ホテルというのは

  • ヒルトンホテルグループ
  • マリオットホテルグループ
  • シャングリラホテルグループ
  • ラディソンホテルグループ

のことを指します。本来これらのグループのゴールドステータスを取得するとなるとそれぞれ最低でも20~40泊以上の宿泊を求められるのですが、一回も宿泊をしたことがなくてもゴールドステータス会員になります。

アーリーチェックイン、レイトチェックインは当然ながら、部屋のアップグレードが無料になったり宿泊費が割引になったりと最高級のサービスを受けることが可能です。

参考

ホテルによってサービス内容は異なります

以上3つが利用していて一番の強みだと感じた点です。これ以外にも様々なサービスがあるのですが、アメックスは海外旅行に強いということもあり、旅行系のサービスがかなり充実しています。

ヤンチャのテラ
そういえば移動中のフライトでに航空性中耳炎になってシンガポールで鼓膜切開の手術をした時、アメックスのおかげで無料だったなぁ

旅行中にアメックスを携帯していれば安心して楽しむことができますね。

デメリット

ここからは一転してデメリットを書いていきます。

ヤンチャのテラ
いや、これだけのカードにデメリットなんてあるの!?

確かにデメリットは少ないですが、あくまでも一般人(背伸びをして利用した)目線でプラチナカードを使った際のデメリットです。

年会費が高い

どのサービスも数十万単位がほとんど&カード更新時の特典が少し寂しい

サービス内容がゴールドカードと重複しているものも多い

 

1位

1位は年会費が高額な点。年会費が無料のカードも多い中、クレジットカードを持つためだけに14万円の支出はやはり大きいです。

当然それを払うだけのサービスが受けられるというのはありますが、14万円あれば海外旅行に行くだって簡単です。

テラ
物価の安い国なら現地で贅沢な旅もできるよな。

プラチナカードが申し込み制になり手が届きやすくなったものの、金額を見ると手が出しづらいのは事実。ここがやはり最大のデメリットのように思えます。

 

2位

2位はサービス特典の内容が高額すぎるという点です。当然といえば当然なのですが、プラチナカード利用者は高所得者向けのサービスのため、プラチナカードの特典利用となっても軽く10万円は超えてくるものが多いです。年会費の14万円で高いと感じてしまうようであれば、プラチナカードの特典を存分に利用することは難しいと思います。

参考

プラチナカードの特典として「ファインホテルリゾート」というのものがあるのですが、紹介されているホテルはどれも高級ホテルばかり。そのためその特典利用で安くなったとしても一泊当たり10万円前後のものが多いです

また「更新時のサービス内容」も少し物足りない気がします。プラチナカードを継続する場合、翌年に使える「フリーステイギフト」と呼ばれる特典がもらえます。こちらは有名ホテルの一泊無料宿泊券なのですが、国内のみしか利用できません。提携カードであるSPGアメックスの場合、同様の特典で海外でも使える宿泊券が付帯されることを考えると国内のみというのは少し見劣りします。

関連

SPGアメックスカードの年会費は34,100円です

 

3位

3位はサービス特典がゴールドカードと重複するものが多い点です。メリット欄に記載したものはプラチナカードorセンチュリオンカードでしか得られない特典なのですが、それ以外はゴールドカードにも付帯していることが多いです。

例えば「招待日和 2 for 1 dining」こちらのサービスは有名店でのコース料理が1名分タダになるというサービスなのですが、ゴールドカードにも付帯しています。

また保険内容も基本的には同じで、金額だけやや少なくなるというだけ。海外であればゴールドカードでも24時間対応してくれますし、空港ラウンジも年に2回までならPLAZAラウンジが使用可能。2回目以降は追加料金を払えば利用できます。

その他にも、ゴールドワインクラブ、プリファードゴルフ、手荷物無料宅配サービス(空港利用時)などはゴールドカードでも利用可能です。

アメックスプラチナカードを取得するために必要なこと

年収がそこまで高くなくても審査には通る!

ここからは実際にどのような方がプラチナカードを取得できるのかという点について説明していきます。

メモ

ここに記載する内容は私の経験とコンシェルジュとの会話から推測したものがベースとなっているため、100%ではありません

主な判断要素は3つだと考えられます。

  1. 信用情報
  2. 年収
  3. 利用頻度の高さ(アメックスグリーン&ゴールドから切り替える場合)

まず1番重要なことは信用情報です。

ヤンチャのテラ
いやいや年収が高ければ問題ないでしょ?

といわれますが、年収よりも信用情報のほうが大事になってきます。

簡単に説明すると、信用情報というのはその人自身が抱えている借金やこれまでの支払い履歴、年収などを総合的に判断する材料となります。クレジットカードの審査だけでなく、車のローンや住宅ローンを申し込む際にも関連する非常に重要な情報です。

  • 年収1000万円だとしても、すでに借金が700万円近くあり、それぞれの返済がたまに遅れてしまう人
  • 年収は500万円でも目立った借金もなく返済も毎月期日に送れず払えている人

がいた場合、後者の方のほうが信用度が高いと判断されます。上記の信用情報に関して詳しく記載した投稿にも書いていますが、クレジットカードに限らず審査が関わる内容の申し込みは年収以上に信用情報が一番大事になります。

次に重要なことが年収です。信用情報にも関連しますが、やはり年収は高いほうが良いです。20歳以上からであれば基本的にカードの作成は可能ですが、年収300万円の人が仮に作成できても毎月の利用金額はそこまで大きいと思われます。カード会社としては少しでも多くの金額をカード決済してもらうことが大事なので、年収が高い人ほど高額決済をする可能性があるということから年収も大事な要素です。

もう一つ重要な点として利用頻度の高さを挙げましたが、こちらはアメックスグリーンやゴールドを現在持っている方が将来プラチナカードを持つ際には重要になってきます。

参考

管理人もゴールドからプラチナへ変更しましたが、この要素は非常に大きかったと思います

 

テラ
簡単に言うと、日常の決済手段としてカードをどれくらい利用しているかということな

 

最近ではキャッシュレス化が進みカード決済も普通になっていますが、カード決済は高額の買い物をする際だけ使うという人もまだまだ多いです。プラチナへ効率よくランクアップするためには、コンビニで100円のおにぎりを買うだけでもカード決済をしたり、公共料金の支払いもいカード決済にするなど、可能な限り支払いは全てカードにすることが大事です。

ポイント

月に一度5万円の買い物をカード決済するよりも、あらゆる支払いをカードにしてカード利用頻度を高め、月に3万円の支払いのほうが好印象です

 

番外編「アメックスプラチナカードを持つとモテる!?」

クレジットカードのステータスが高いと評判が良いって本当か?

ヤンチャのテラ
メリットデメリットはあるけど、やっぱり金持ちのカードって感じだし持っていればモテモテなんだろうなぁ

稀にステータスが高いカードを持っている人はモテるという記事を見るので、ここで断言します。

テラ
全く関係ないわ!

いや、モテる人も当然いるとは思います。事実私も異性にウケがよさそうだなぁと考えたこともあったので。

確かにプラチナカードは見た目もかっこいいですし、他のカードよりもはるかに重いため話題になることはあります。

ただ、それまでです。だからどうした?程度です(笑)

当然といえば当然ですが、どれだけブランド品を持っていようが、どれだけお金を持っていようが結局は中身が大事です。

お金を持ってても性格が悪かったり、あからさまに自慢をしているようではむしろマイナス。つまり、異性にモテようとか友達に自慢しようなんていう理由でプラチナカードを持つこと自体全く意味がありません(むしろ妬まれたり嫌われます)

最悪の場合

テラの元彼女さん
プラチナカードを持つくらいお金持ってるなら奢って♡
とせがまれて引くに引けない状況になるでしょう。

見栄を張りたいがために持つという選択は絶対にやめたほうが良いです。自分がしんどくなります。

ヤンチャのテラ
プラチナカードを持っていても結局はそれを使う人次第ってことだね
その通り!でもアメックスカードは旅行好きの人なら持っていて不便になることはない素晴らしいカードであることは間違いないよ!
テラ

参考までにアメックスカードのリンクを貼っておきました。

この記事を見てプラチナカードに興味を持った方、プラチナカード以外のアメックスカードを作成してみたい方は、下のリンクから申し込んでみてくださいね!

入会特典ポイントがGETできるので、一年目はとってもお得に使えます(#^^#)

http://amex.jp/share/mdu35?XLINK=MYCP

 

まとめ プラチナカードはこんな方にオススメ!

脱線しましたが、プラチナカードは持つべき人が持てばワンランク上の上質なサービスが受けられます。

以下に持つべき人の特徴をまとめてみました。

  • 海外出張が多く、海外でもカード利用が多い人
  • 金銭的に余裕があり、お金を多く払ってでも上質なサービスが受けたい人
  • 海外旅行でワンランク上のホテルやレストランで楽しみたい人

余談ですが、アメックスはアメリカの会社ということもあり、アメリカでプラチナカードを持っていると非常に信用されます。

Credit = 信用

つまり、質の高いカードを持っているというのは何よりも信用に値するという考え方がアメリカにはあるみたいです。

メリットデメリットはそれぞれありますが、メタルカードを一度持つと本当に手放したくなくなるくらい存在感のあるカードです。

自分のライフスタイルには欠かせない特典が多いですし、海外にはしょっちゅう行くのでこれからも愛用する予定です。

今年はコロナの影響で海外旅行はできていませんが、これから徐々に回復して来年以降プラチナカードの威力が増していくことを期待しています。

これを機に興味がある方は以下のリンクから申し込んでみてくださいね。

ではまた!

-お金に関する話

Copyright© テラ:ノート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.