お金に関する話

融資の審査に通らない!?意外と知られていない信用情報に関して解説します。

車のローンに申し込んだが審査が否決になってしまった。

クレジットカードを作成しようと申し込んだが作成できなかった。

社会人になるとこのような声を周りからよく聞くようになります。結婚をして家族が増えるとなると住宅の購入や車の購入でローンを検討したり、キャッシュレス化の影響でクレジットカードを作成する機会も増えてきています。

ただ、ローンやクレジットカードの作成には「審査」があり、審査に落ちてしまうとローンが組めなかったりクレジットカードの作成ができません。

審査の際に銀行が参照しているのが本日紹介する「信用情報」というものですが、意外と知られていないと思いましたので、今回は信用情報に関して解説したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 今後大きなローンを組む予定のある方
  • 銀行の審査に通らない方
  • 信用情報に関して内容を理解したい方

信用情報とは何か

信用情報とは申込者の過去から現在に至るまでの金融機関の利用情報をまとめたものになります。

「クレヒス」と呼ばれることも多いです。

申込者の金融情報が全てデータとして残っているので、

  • これまでどの金融機関で審査の申し込みをしたのか
  • 現在借り入れのある金額の詳細(いつ借りたのか、いくら借りているのか、返済完了期日はいつか)
  • 借り入れに対する支払い状況(現在に至るまでの5年間分)

を確認することができます。後述しますが、これらの情報はCICという情報機関で照会できるため、金融機関は全てこの情報を基に審査をしています。

そのため、借り入れを希望する金融機関が異なる場合でも、参照している情報が全て同じものなので、金融機関によって審査結果が大きく変わることは"基本的に"ありません。

メモ

基本的にというのは例外が存在しているためです。

例えばA銀行のクレジットカードを10年間一度も延滞せずに使用している場合、A銀行からの融資は他社に比べて大きくなることはあります。これはA銀行のクレジットカードに対する支払い実績が多い理由からです。クレジットカードはなくてもメインとして利用している銀行口座がある場合はその銀行の融資結果が他社よりは良いことが多いです。

金融機関の審査があるケースと審査を通るための知識

次に金融機関の審査はいつ行われるのかという点に関して解説します。身近に行われているのは

  • お金を借りる時(住宅ローン、カーローン、カードローン)
  • クレジットカードを作成する時
  • クレジットカードの利用枠を増額する時

に審査が行われています。

審査を通すには、借金が少ないことや返済実績が良好であるのが最重要項目です。審査が通る金額の目安としては年収の1/3が基本です。

年収500万円の人であれば150万円前後が借り入れの目安になるでしょう。しかし、住宅ローンやカーローンのような大きい金額の場合はこれに該当しないこともあります。

また、年収が500万円でも既に借り入れが100万円ほどある場合は、新規で借りれる金額は50万円前後と少なくなります。

では、支払いをしっかりしていて借金の額も低ければ審査には通るのか?と言われますが、支払い実績が良好である場合でも審査に落ちるケースがあります。それは「短期間での多重申し込み」です。

最近だと「クレジットカード作成だけで5000ポイントGET」というような「自己アフィリエイト」が有名ですが、クレジットカードを作成する申し込みも借り入れを希望する際の申し込みも1としてカウントされます。

申し込みの件数は半年間で3件程度にとどめるのが理想で、それ以上の申し込みは「多重申し込み者」として審査に悪影響が出てしまいます。

銀行の審査部からすると、「この人は短期間でこれだけ申し込みをしているので、お金に困っているのだろうか。仮に貸し付けをしても返済されないのではないか」という風にマイナス判断をするからです。

申し込み情報は6ヶ月間CICのデータとして残るので、多重申し込みをしてしまった場合は最低でも半年間は期間を置くようにしましょう。

自分の信用情報を確認する方法

これまで解説してきた信用情報を確認するにはCICという期間で情報を確認する必要があります。

取得の手段は3つです。

  1. 窓口に行って発行(500円)
  2. クレジットカードを使ってPDFファイルで確認(1000円)
  3. 郵送をして取り寄せる(1000円)

まず窓口に行く方法です。一番簡単で早い方法ですが、CICの窓口は全国でも都市部にしか存在しない&営業時間が平日の日中のみなので中々使いづらいです。

しかし、窓口での発行は15分&500円で完了しますので、近くにCICの窓口がある方はこの方法をオススメします。

注意

新型コロナウイルスの影響で窓口業務をしていない場合があるので、詳細はCICのHPにて確認してください https://www.cic.co.jp/

ネットで行う場合は「クレジットカードの利用が必須」です。対応していないクレジットカードもありますが、対応しているカードを持っている方はネットでの開示がオススメです。

郵送の手段ですが、郵便局で小切手を購入してCICへ郵送→受け取りまで約1週間なので時間はかかってしまいます。また、郵送物として届くので、家族に見られたくない場合もオススメできません。

信用情報を悪くしないために大切なこと

前述したように、信用情報が悪いとローンの審査に通らない結果になってしまいます。

ローンが組めないと希望の住宅や車の購入ができなかったり、事業資金が借りれないという事態にもなりかねません。

このような事を防ぐために、信用情報を傷つけないために必要なことを以下にまとめます。

まず大事なことは返済を遅れずに行うことです。当たり前だと思いますが、意外とできていない人はいらっしゃいます。

よくある例として、引き落とし口座にお金を入金するのを忘れるケースですが、それは言い訳に過ぎず、金融機関として返済遅れをした人としてみなします。

一度でも返済遅れをするとCICの返済実績にAという遅延マークが付き、そのデータは5年間保有されます。

たった1回でも支払い遅れがあると、住宅ローンの審査の際や車の購入の際に大きなマイナスとなります。

メモ

不動産のローンを通す際には年収も大事ですが、直近5年間の支払い実績が最も重要です。5年間のうちに3回でも遅延がある場合は通る確率はかなり落ちてしまいます。

次に大事なことは安易な借り入れを行わないこと。

借り入れと聞くとカードローンが頭に浮かぶかもしれませんが、カードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシングサービスも借金にあたります。

また、クレジットカードの利用をリボ払いにすることも同等の意味として捉えられてしまうので、注意が必要です。

注意ポイント

近年銀行各社はリボ払いを勧めて来ることが非常に多いです。毎月の返済額は減りますが、そもそも一括で払えないくらいの支払いをすること自体が問題です。リボ払いは手数料が高く、長く続ければ続けるほど利息がかかるため、銀行にとってはお金を稼げるビジネスになっています=積極的に勧誘してくるということです

借金の額が多ければ多いほど自分の信用情報は悪いと判断されてしまうので、よほど必要でない限りは借金をしないことを心がけましょう。

まとめ お金を借りる前に自分の信用情報を確認しよう

今回は信用情報について説明してきました。

安易な借金は行うべきではありませんが、住宅ローンや車のローンも借金になるため、ほとんどの方は借金をする世の中です。

特に住宅ローンや車のローンは金額が大きいことから審査も厳しくなるので、その際は本日伝えたCICで信用情報を確認してみてくださいね!

 

 

 

 

 

-お金に関する話
-,

Copyright© テラ:ノート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.