英語に関する話

外資系企業の英語が辛い人へ。マインドセットを変えるだけで英語は使えるようになる。

転職が一般的になってきて外資系企業に興味を抱いている方が増えてきたようだ。

外資系企業は一般的に給与も高く社員同士の壁が少ないというメリットはあるが、外資系企業では英語を使って仕事をするのがほぼ必須。

日本人は英語に対して不安を持っている人が多く、外資系に興味はあっても英語が不安、辛そうと相談されることが後を絶たない。

そんな状況を打開するために、今回は外資系企業で働いている私の英語に対するマインドセットを紹介する。

英語なんてマインドセットを変えればすぐに使えるようになる。ただのコミュニケーションツールだ。

少し上から目線に思えるかもしれないが、その点に関してはご了承いただきたい。

この記事を読み終えた読者は英語への抵抗がなくなっているだろう。

このような方々へおすすめの内容となっている

  • 外資系企業への就職や転職を考えている
  • 英語に対して自信がない
  • 外資系企業の英語は辛いという印象を持っている

外資系企業で求められる英語力

本題に入る前に外資系企業で求められる英語力に関して説明させてほしい。

一般的な目安として、仕事で英語を使う際に必要なTOEICの点数は730点以上と言われている。

しかし、私からするとTOEICの点数は仕事をするうえであまり関係ない。

TOEICの点数は入社をする前の選考段階、もしくは昇進をする際に考慮するだけであり、TOEICの点数が高いから英語を使ってバリバリ働けるのかといわれたら答えはNoだ

 

テラ
私の周りにもTOEICの点数が900点越えという猛者がたくさんいるが、そのような人でも不安を抱えている人は存在する

 

というのも、外資系企業で働く時に必要な英語力というのは、「顧客や社員同士で英語を使ってコミュニケーションを取る」というレベルだ。

英語を適切に使うことも大事だが、結局はコミュニケーションを取るための手段。

こうして考えると、完璧な英語を流暢に使いこなすというよりも、多国籍の社員といかに上手くコミュニケーションが取れるのかという点が大事になる。

逆にいえば、英語を使って最低限のコミュニケーションが取れれば、それだけで十分なのだ。

職種にもよるが、日常業務で使う英語の半分以上はメール対応になるだろう。

メールの対応を英語のみで行うことは辛いかもしれないが、翻訳アプリを利用すれば全く問題ない。

 

テラ
安心してほしい。翻訳アプリの精度はどんどん上がってきている

 

英語が苦手なら、まずは翻訳アプリを使って概要を把握し返信をする。

たったこれだけなら中学生でもできるはずだ。そこまで敷居を上げる必要は全くない。

英語が辛いと思わなくなるマインドセット

ここまでざっくりと外資系で求められる英語力に関して説明してきた。しかし中には

 

ヤンチャのテラ
ある程度英語がわかる人に言われても説得力がないっすわ~

 

という反論をする人がいるのも事実だ。そこで本題である英語が辛いと感じなくなるマインドセットを伝えよう。

それは「世界の英語話者の半数以上は非ネイティブスピーカーである」という意識を持つことだ。

外資系企業=アメリカの企業とイメージしがちだが、今ではアメリカ以外の企業が日本法人を持っていることが多い。

 

テラ
IT系ならインド企業、食品メーカーなら韓国企業が日本には多い。

 

こういった企業の大半はその国の出身者だが、彼らは母国語ではなく英語を使って世界中で取引をしている。

つまり、そこに属している社員は我々日本人と同じ「非ネイティブスピーカー」ということだ。

実際に仕事をしているとわかるが、外資系企業の社員でもメールの文章や会話内容の最中に英語の間違いはかなり多い。

だからこそ細かいことは気にせず、とにかく話しまくる。伝えまくる。

仕事がスムーズに回れば英語を少し間違えても全く問題ない。

100%の英語を目指してレスポンスが遅れるならば、80%の英語でサクッとその場で対応しよう。

どこまで勉強しても我々にとって英語は第二外国語だ。

翻訳者を目指しているわけでなければ、日本語訛りの発音をしたり文法のミスをして気にしている時間がもったいない。

ドンと胸を張って英語を使う。その心意気だけで十分だ。

短期間で英語を鍛えたいならセブ島への語学留学に行ってみてはどうだろうか

最後になるが、時間とお金の余裕があれば「セブ島留学」に挑戦してみるのをお勧めする。

私はセブ島へ留学した結果、英語への抵抗が消えて人生が180度変わった。

セブ島の物価は日本の1/3程度。留学費用は欧米圏への留学よりもかなり安くなる。

残念ながらその記事を執筆している2021年現在は新型コロナウイルスの影響で渡航が制限されているが、渡航できるタイミングで検討してみてほしい。

あともう一つ。

セブ島へ留学している半分程度は社会人だ。

留学をする=学生というのは過去のハナシ。すでに社会人の人でもセブ島へ留学するのはアリ。

セブ島留学に関しての本も出版している。気になる方は参考にしてくれ。

 

参考

Kindle Unlimited 会員なら無料で読むことができるように設定した。この機会にぜひ参考にしてほしい。

 

今回の記事を通して、英語が辛いと思っている一人でも多くの人が自信を持ってくれたら私は嬉しい。

-英語に関する話
-, ,

Copyright© テラ:ノート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.