旅行記事がメインのブログです。デスノートではありません。

テラ:ノート

旅行

インドのバンガロールにある宮殿「バンガロールパレス」に行ってみた!

ナマステ!

バンガロールで観光といっても意外と少ないですが、その中でも観光地として知られている「バンガロールパレス」に行ってきましたので、今回は行ってみた感想をまとめてみたいと思います。

アクセス良好

まず所在地ですが、バンガロール市内中心部からやや北側に位置しています。

カボンパークからオートリキシャで10分ほどで到着します。

バンガロールパレスは19世紀後半に建設された宮殿です。見てわかる通り、インドの伝統的な建物とはやや違った荘厳な印象があります。

この宮殿は、イギリスとインドの建築様式が融合されています。

そこまで中は大きいわけでもなく、アクセスもしやすい場所にありますので、比較的観光しやすい場所だと思います。

外国人だけでなく、インド人の方も多く来ていたので、現地人からしても人気の場所なのでしょう。

入館料金が意外と高い

入場料金ですが、

インド人は240ルピーに対し、外国人は480ルピーがかかります。

また、宮殿内で撮影がしたい方はプラス料金が必要です。

スマホで撮影の場合、1組当たり300ルピー。

一眼レフなどのカメラで撮影する場合や、音声ガイドを付ける場合は更にお金がかかります。

その料金によって装着するリストバンドの色が変わりますので、ごまかさずにきちんとお金を払うのが良いでしょう。

それにしても、海外旅行客が倍も値段を取られてしまうのは何故なのでしょうか・・・

宮殿の内装&庭園

入場しないで外から写真が撮れれば良いかなと思っていましたが、入場しなければ正面からの写真は撮ることが出来ません。

さすがに正面からの写真が撮りたいため、お金を払って入場することに。

宮殿内部ですが、大広間があったり、動物の写真が多くあったりと、インド要素とヨーロッパ要素が融合している不思議な感じです。

1枚目の写真はいかにもイギリスという感じですが

上のにある白黒の写真はいかにも「アジア」という印象を持ちます。

私は芸術に疎いため、これらの絵画を見ても感じるものがあまりありませんでしたが・・・

宮殿内部はところどころ中央が吹き抜けとなっていますので、光が差し込むととても良い写真が撮れます。

こちらは1階写真スポットのようで、次から次へと噴水近くで観光客の方々が写真を撮っていました。

中々人が減りませんでしたが、粘り強く待った結果、人が少ないときに写真が撮れました。

この場所以外にもソファーがある場所があるのですが、そこはあまりにも人が多すぎて断念しました。

友達と来ていたりすれば順番待ちしたのですが・・・

中を出ると、ちょうど宮殿の中央部に出ることができますので、正面から宮殿の写真が撮ることができます。

この写真を撮るために来たので満足です。

宮殿の前は庭園となっていますので、庭園に入ることも可能です。

あまり人はいませんでしたが、庭園も綺麗に整備されていてお勧めです。

トータルで30分~1時間あれば十分観光できると思います。

入場料金は思ったより払いますが、写真好きの方であれば許容できる料金だと思います。

最後になりますが、庭園の近くにはオートリキシャが多く止まっています。

かなり高い値段で交渉してきますし、強気で来ます。

宮殿の敷地外まで歩いて出てからタクシーを呼んで帰るのがベストだと思います。

ではまた!

-旅行
-

Copyright© テラ:ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.