好奇心旺盛な管理人のブログです

テラ:ノート

旅行

インド・バンガロールで穴場のPub発見!~Murphy's Brewhouse~

ナマステ!

バンガロールに来たら必ず試してほしいのがPub巡り。

イギリスの植民地だったこの周辺には、当時からの名残でイギリスのPub文化が残っています。

特にバンガロールは「クラフトビール」が有名で、規模の大きさはあるものの、レベルの高いPub(ブリュワリー)がたくさんあります。

そんな中でも今回訪れたPubはコストパフォーマンスが良く、そこまで混雑していない穴場のような場所でした。

お店はホテルの敷地内!

今回訪れた場所は「Murphy's Brewhouse」というお店です。

The Paul というホテルの4階に位置しており、ホテル滞在者でなくても利用可能です。

インディラナガーのメイン通りから路地に入った場所にありますが、看板もあるので道に迷うことはないと思います。

こちらのホテルは評価も高く、内装もかなり凝っていてオシャレでした。

アジアンテイストなロビー
barもあります

ロビーの受付カウンターの近くにエレベーターがあり、そこから4階まで行けます。

オシャレな入口

中は広く、4階席に2エリア

階段で5階席にも行けるため、大勢で来ても問題なさそうです。

種類は少ないものの、美味しいビール!

少しボケてしまいました(-_-;)

左上から説明すると、

  • Wheat Beer 4.2%
  • Lager Beer 4.7%
  • English ale Beer 4.5%
  • Dry stout Beer 5.5%

※数字はアルコール度数

Wheat Beer というのは白ビール(小麦ビール)のことです。ヴァイツェンとも呼ばれたりしているやつですね。

Lager は日本で飲まれている一般的なビールです。

English ale はペールエールとして知られている、赤みがかったもの。

Stout は黒ビールです。苦みがあり、好みも分かれます。

日本人にとってビールというのはLagerというイメージですが、ビールも本当に奥が深いです。最近はビール離れが深刻のようですが、いろいろな種類を飲むとビールの新たな一面が発見できると思います。

話を戻して、値段ですが

  • 330mlで185ルピー
  • 500mlで250ルピー
  • 1.5ℓで725ルピー
  • 飲み比べ4種120mlずつで220ルピー

500mlのサイズがお得な気がします。

4種全て飲みましたが、それぞれ味が全く違いますので、初めに飲み比べをしてから大きなサイズで頼むのが良いかと思います。

stout 500ml

フードメニューも少なめでしたが、価格は低いものばかりでした。

揚げ物盛り合わせ

こちら以外にも料理を8品ほど頼み、1名あたり3~4杯ビールを注文して、割り勘で1500ルピーほど。

夜の19時~22時に滞在したのですが、そこまで混むこともなく、とても落ち着いた空間でした。

まとめ

インディラナガーのやや南側に位置しているため、有名店が密集している場所からは若干離れていますが、週末でも落ち着ける場所です。

インディラナガーのPubで大勢で集まる際は、選択肢の1つとして訪れてみることをオススメします。

ではまた!

 

-旅行
-

Copyright© テラ:ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.