旅行記事がメインのブログです。デスノートではありません。

テラ:ノート

旅行

南インド「ドライエステート」のオアシスを発見!ここならお酒が飲めますよ!

ナマステ! 

遂に見つけました。

お酒が飲めるレストランです!!

インドに来て5日目。

毎日お酒が飲めず辛い日々でしたが、やっと気兼ねなく楽しめます(#^^#)

場所はトリバンドラムのTechno park というエリアの向かい側にあります。

こちらはホテル併設のレストランのようですが、中に入った瞬間にbarの雰囲気満載です。

ビールがメインですが、それなりに品数も豊富です。

今回頼んだものは

・キングフィッシャーブルー

・キングフィッシャーウルトラ

・HAYWORDS 5000

どれもインドでは有名なお酒のようで、味もかなり良いです。

インドに限らず、暑い国のビールは水のようにあっさりしていてグビグビいけます。

お酒だけでなく、料理も頼みました。

  • タンドリーチキン
  • チキン65
  • エビの炒め物
  • エビの揚げ物

 

すみません、酔っ払って写真撮り忘れました(-_-;

ビールは650mlをそれぞれ3本ずつ、計9本頼み、ご飯もたらふく食べました

お会計は・・・・

3500ルピー!

5名で行ったので、一人当たり700ルピー。

執筆中のレートでは、ルピー×1.6で日本円なので、

1120円くらいです。

・・・・・・

インドすごい。

でもこれ、インドではかなり贅沢です。

この物価で日本の給料+海外手当など貰えば、日本人はかなり良い暮らしができます。

インドへ進出している日本企業はまだ少ないかもしれませんが、インドは世界的にIT産業が発展しているので、今後は日本企業もどんどん進出してくると思ってます(というか進出しないとまずいかも。。。)

インド人は英語の訛りがすごいので、慣れるまで時間がかかりますが、寛容な方たちなのですぐに打ち解けられます。

というか日本人はかなりレアです。

みんな珍しそうにジロジロ見てくるので、こちらから歩み寄ればすぐに仲良くなります。

女性も美人ばかりです(笑)

ただ、インドの女性はかなり慎重みたいなので、、、

どこかへ2人きりで出かけたりするまでに最低でも1ヵ月は見たほうがよいでしょう。 

ではまた次回!

 

-旅行
-

Copyright© テラ:ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.