3度の飯よりプロテイン。筋トレと旅行記事を中心に書いています

筋トレ×旅行で世界は変わる

旅行

インドでの体調管理

ナマステ!

今回はインドでは必ず直面する体調管理に関してまとめてみます。

インドで体調を崩すのは、ほとんどが食べ物による腹痛関係ですので、そちらに焦点を絞ってみました。

お腹を壊す原因

まず初めにお腹を壊す原因ですが大きく分けて3つかなと思います。

  1. 水関係(海鮮料理や飲み物の氷など)
  2. スパイス関係(スパイスの刺激によるもの)
  3. 消化不良

順番に見ていきます。

水に注意

先にも述べましたが、インドは衛生面でかなり問題があります。

インド人ですら水道水には気を付けています。

ただ、そうはいっても、実際に食堂でお皿を洗う時には水道水を使っていますし、これに関しては何かしらで関わってしまいます。

私たちができる最善のことは

 

➀必ずミネラルウォーターを使う(不安な方は歯磨きで使う水もミネラルウォーターがいいかもしれません)

②シャワーなどではなるべく口を塞いだりして、誤って飲まないようにする。

③氷が入っている飲み物を頼まない(シェイクは美味しいですが、ミキサーの時点で氷を使われている可能性が高いです)

 

水道水の中には多くの菌が混ざっていると言われています。

私も東南アジアには頻繁に行っていたため、多少の免疫はありますが、それでもお腹は下しました。

そのため、アジアのような環境にあまり慣れていない方は、人一倍注意が必要です。

スパイス関係

日本でもインド料理店はたくさんあるので、インドの辛さは大丈夫と思っている方もいるかもしれませんが、現地は全く違います。

インド料理に限らずですが、日本にある外国料理店の味は基本的に日本人の口に合うように作られています。

インドでは普通の味付けでも多くのスパイスが使われていますので、不安な方はless spicyで頼みましょう。

カレーなら「バターチキンカレー」ですとあまり辛くないのでおすすめです。

ただ、同じカレーでも店舗によって味付けが全く違うので、自分に合うお店を見つけるのも大切かもしれません。

消化不良

最後に紹介するのは消化不良です。

これに関しては日本でも起こり得ることですが、インドでは頻繁に起こるそうです。

知人が体調を崩して病院に行ったのもこれが原因でした。

インドで食あたり インドの病院事情 

消化不良で起こる症状は腹痛、嘔吐、下痢です。

消化不良が起こる原因として

  1. 疲労の蓄積
  2. 暴飲暴食
  3. 感染症

です。

長期滞在となるとストレスや食生活の乱れなどで体調が整えづらいです。

カレーは確かにおいしいですが、毎日食べるとなると、どうしても胃腸に負担がかかります。

このように、目に見えない疲労が溜まっている状態で起きることが多いので、意図的にカレーを食べない日や食事を抜く日を作っても良いかもしれません。

また、もう一つ覚えておくと良いこととしては、「すぐに体内から出す」ということ。

お腹を下すと正露丸などで抑えようとしてしまいがちですが、体に悪いものですので薬を使わず、排泄したほうが後々楽になります。

体調管理に気を遣うインドですが、日本のインド料理とは比べられないくらい現地のインド料理はおいしいので、上記のことに気を付けていただければと思います。

ではまた!

 

-旅行
-

Copyright© 筋トレ×旅行で世界は変わる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.