旅行記事がメインのブログです。デスノートではありません。

テラ:ノート

旅行

なぜインドではIT産業が盛んなのか?

インド人は毎日カレーを食べて、ガンジス川で沐浴をしている人だと思っていませんか?

私は外資系IT企業で働いているため、インド人が職場にたくさんいます。あまり知られていないかもしれませんが、有名なIT企業(Google, Microsoft etc)のCEO(最高経営責任者)はインド人です。

とは言いつつも、なぜインド人がIT業界で活躍しているのか、あまりピンとこないと思いますので、

今回は簡単にインドとITについて書いてみます。

インドでITが盛んな理由

まず初めに、日本人が知っているインドの情報といえば

カレー&カースト制度&ナマステ(挨拶)くらいですかね。

インドカレーは言うまでもなく知名度が高いですし。

カースト制度は小学校、中学校の社会では定番のネタ。

ナマステに関しては、芸人さんがよくネタでやっています。

これくらいしか私たちにとってインドの文化を知る機会はあまりないですが、、、

インドではIT産業が盛んです。日本なんて比べものになりません。

なぜIT?と思うかもしれませんが、

これに関してはカースト制度の影響があるみたいです。

カースト制度とIT産業の関係

カースト制度に関してですが、簡単に言うと、

  1. 自分の家計と同じ職業関係にしか従事できない
  2. 結婚相手も同じような業種の方
  3. 身分相応の差別(身分が低い方は人間扱いすらされないなんてことも聞きます。)

そんな中で、カースト制度の名残を受けない職業がIT産業です。

時代的にも、IT産業はカースト制度が廃止されてからの産業ですからね。

職業関係なしに結婚したい。

差別なんて受けたくない。

これなら人気になるのも当然です。

また、インド人は計算がかなり早く、なおかつ正確なので、ITには向いてます。

さらに言うと、インド人の働き方に対する考え方も影響していると思われます。

私の会社に勤めているインド人が大事にする働く上での価値観は

  1. 給料の高さ
  2. キャリア
  3. 家族の時間を重視すること

とのことでした。(職場のインド人30名にアンケートした結果です)

冒頭でも伝えた通り、インド人が有名企業のCEOとして活躍しているという事実がありますので、一番目標にしやすい業界なのかもしれませんね。

他にもいろいろな要素はあると思いますが、このような理由からインドではITが発達しています。

本日からインドのシリコンバレーであるバンガロールに滞在しますので、引き続く様々な情報がシェアできればと思います。

ではまた次回!

-旅行
-

Copyright© テラ:ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.