3度の飯よりプロテイン。筋トレと旅行記事を中心に書いています

筋トレ×旅行で世界は変わる

留学&国際恋愛

フィリピン人の特徴的な性格!付き合ってわかった素晴らしい性格とは?

今回はフィリピン人の特徴2つをまとめて書いていきます。

記事の内容はフィリピン人の家族愛と献身的という点に関してです。

家族に対しての思いやりがとてもあるフィリピン人。たくさんの方と出会いましたが、ほとんどの方は仕事を頑張って親に恩返しをすることが夢という方が多いです。

日本人も「親孝行」ということをよく考えていますが、働いて得たお金の大半を親へ還元できる方は少ないのではないでしょうか。

また、献身的という面に関してですが、最近でいう「女子力」がとても高いと思います。自分の恋人を立て、相手のために自分を犠牲にしてでも尽くしてくれる。そんな対応をしてくれるのがフィリピン人です。

前回に引き続き、私の体験談から詳しく見ていきたいと思います。

思わず感動した家族愛エピソード

しおれかけの花を買うエピソード

初めに私がとても感動したエピソードを紹介します。

まずフィリピンという国は貧富の差が激しい国です。

路上で重い荷物を背負って物を売っているお年寄りの方や子供がたくさんいます。

田舎の山中で水やお菓子を売っていたり、街中の大通りでお花を売っていたり。。

日本ではあまり見られない光景なのでピンと来る方も少ないとは思いますが、基本的にはこのようなものを買ってあげようとは思いません。スーパーの方が衛生的に安全なものが買えますし、値段も安いですので。

ただ、フィリピン人の方々はこのようなことを知っているにも関わらず、買ってあげることが多いです。

例え自分が全く必要としていないものを相手が販売していてもです。

例えば、そこで売られているお花がしおれかけていて、これからお花を使う予定がない状況でもです。

私の元彼女がしおれかけの花を買っていて驚いたので、私は率直に聞きました。

テラちゃん
さっきのお花、もうしおれかけだし必要ないと思うんだけど、何かに使うの?

何も使わないよ。ただ買っただけ
元彼女

テラちゃん
え?使う理由もないのに買ったの?お金勿体ないじゃん

だってもし私が買ってあげないとあの人がかわいそうでしょ?あの人だって家族がいるんだし、子供を養ってあげないといけないかもしれない。私はお金持ちではないけれど、1本お花を買ってあげるくらいならできるよ
元彼女

こんなことを考えたことがない、というのが私の感想であり、凄いなと思いました。

正直な話、これまでそのような方々を見ても、自業自得だと思ったこともあります。当然その人にも家族がいるなんてことは考えずに無視をしていました。

でも、彼女らは違います。お互い裕福ではないにも関わらず、みんなで助け合おうという精神。自分の家族ではなくても大事にする。その考え方が根底にあります。

私も家族に対しては尊敬していますし感謝をしていますが、他人の家族というところまで考えたことはありませんでした。

誰かに迷惑をかけたとしても、その方には必ず家族がいます。誰かを救ってあげれば、間接的であっても相手の家族を助けたことになります。

この行動を見て、心から尊敬しました。

先生に本気で怒られたエピソード

家族愛に関してのもう一つのエピソードは私がセブ島の語学学校へ3か月間通っていた時の話です。

初めの1ヵ月は必至で勉強していたのですが、だんだんと生活に慣れてきて、夜に出かける機会が増えました。

そのため、2ヵ月目は中だるみで授業をさぼることもしばしば。

そんなある日、一人の先生からガツンと怒られました。

テラちゃん
おはよう

ちょっと話がある
先生

テラちゃん
どうしたの?何かあった?

どうして最近授業を簡単に休むの?
先生

テラちゃん
最近夜に遊びに行く機会が多くて、朝起きれないんだよね

あなたは何のためにここにいるの?遊びに行くのは構わないけど、授業を休むのは信じられない。あなたの家族があなたのために払った授業料はどうなるの?あなたが遊んで寝ている間に家族はあなたのために働いている。あなたはそんなことも知らずに簡単に授業をさぼって恥ずかしくないの?日本人の学生はそういう人が多い。お金を持っているからといって、そんな風に家族への感謝を忘れたら絶対にダメ
先生
 

・・・・・

正直返す言葉が見つからず、ただ反省してました。

セブ島のの語学学校の先生の平均月給はだいたい4万円前後です。平均よりも少し多いほうですが、日本と比べたらかなり低い。

加えて、土曜日も働いたり、オンラインクラスで一日に10時間以上働くことが多いです。

そんな重労働で低賃金な先生も毎日出勤して英語を教えている。

多くの方の目標はこれまで育ててくれた家族に恩返し。将来は働かないでのんびり暮らしてほしいと思っているそうです。

ここまで考えている方が全員だとは思っていません。ただ、明らかに日本人に比べて厳しい生活をしているフィリピン人の方からこのように言われると、日本人は教育を受けることが当たり前。むしろ面倒くさいと思ってる学生がいる時点で甘いなと感じてしまいました。

日本では高校、大学と義務教育ではないにも関わらず、進学をすることが大半です。そこの学費は大抵親に負担をしてもらいます。

ただ、大学生になると自主性が重んじられ、自分の意志で学校に行かないことや勉強ではなくアルバイトをたくさんしてしまうことも多々あります。先生に叱られてから、高い授業料を負担してもらっているにも関わらず、勉強に熱が込められていなかった自分を見直す良いきっかけとなりました。

献身的なフィリピン人エピソード

食事の際は特に気を遣ってくれる

上記の家族愛に関してと若干ジャンルが似ていますので、今回は献身的ということに関しても同時に紹介します。

見出しに書いたように、「どうしてそこまで人に尽くしてくれるの?」と疑うほど、フィリピン人の方々は他人への気遣いがしっかりしています。

特に食事に関しては頭が上がりません。

フィリピン料理は味付けが濃かったり、炭水化物が中心の食事なので、食事管理にうるさい私は少ししか食べないこともあったり、断食をすることもあります。

しかし、そんなことを言うとほぼ確実に心配してきます。

元彼女
ごはん何か食べた?
今日は何も食べてないよ
テラちゃん
元彼女
どうしたの?体調悪いの?
いや、食事制限をしているから必要ないんだよね
テラちゃん
元彼女
だめだよ!しっかり食べて!風邪ひいちゃうよ

 

こんな会話が毎回続きます。

そのため、彼女と一緒にいると食事制限は一切できません(笑)

献身的というと少し硬いイメージですが、もっと柔らかく言うと「相手に尽くす」という感覚です。

また、食事の際は必ずと言ってよいほど先に料理を取ってくれたり、飲み物を注いでくれたり。。。

こういうことが無意識にできる女性が女子力の高い方のようですが、その観点から言うとフィリピン人女性は本当に女子力が高いです。

フィリピン人男性とのカップルでもそうです。まずは相手のことを考えて、自ら率先して動く。

フィリピン人の方は日本人からあまり良く思われていないこともありますが、私からすると本当に気にかけてくれる、お母さんのような感じです。

自己犠牲の精神が凄い

先ほどの内容と多少似ていますが、自己犠牲の精神が凄いです。

私がフィリピンで体調を崩した際、熱が出て動くのも大変な時にずっとそばにいてくれました。

体調が悪いときは移る可能性があるため、本来であれば近くにいないほうが良いのは当たり前。

彼女はそれを知っているにも関わらず、ひたすら看病をしてくれます。

テラちゃん
今日は体調悪いから会えないかもしれない
大丈夫?今から行くからちょっと待っててね
元彼女
テラちゃん
いや、来なくていいよ。移っちゃうかもしれないから
私は強いから大丈夫。もし私に移ってしまっても、あなたの体調が良くなるのであれば私は嬉しい
元彼女

当然全員が全員ここまでそうなのかと言われると違うかもしれません。

しかし、自分のことはさておき、相手のことを第一に考えて心配してくれます。

実際に来た際にはスーパーで食料を買ってきてくれたり、料理ができる友達を呼んで、私のために風邪に効果的な食事も作ってくれました。

こちらからすると、「その気持ちだけで十分だよ!」という感じです。

また、自己犠牲という点に関しては、共有するということも挙げられます。

前回の記事でも書きましたが、困っている人がいたら助けます。

道で物乞いをしている方に食料を恵んであげるのはしょっちゅうです。

こうした優しさはフィリピン人ならではと言えるものだと思います。

優しさに感心してお金をたくさん使ってしまいがち。良くある誘い文句はこれだ!

毎回良い話ばかり書いていますが、当然相手も人間です。

日本人はフィリピン人からすると「お金持ちの人々」です。フィリピンに遊びに来れる人=お金をたくさん持っている。

つまり、買い物に行った際やデートに行くときはほぼ日本人がお金を出します。

デートのシチュエーションでいうと、彼女の分を何か買うだけではありません。

テラちゃん
何か好きな物買ってあげるよ
これとこれが欲しい!こっちは私のでもう一つは私の妹の分
元彼女
テラちゃん
え、、妹の分も?、、
これくらいいいでしょ?妹はまだ学生でお金もないしあなたお金持ってるでしょ?お願い!
元彼女

 

というおねだりや

 

元彼女
私この化粧品が欲しいんだけど、最近おばあちゃんが体調不良でお金を送ってあげているから自分で買うお金がないの。どうしても欲しいから買ってくれない?

 

と、ひたすら家族をネタにしてせびってきます(笑)

例えこちらが大学生だろうが、無職だろうが関係ありません。日本人ならお金持ちだからです(笑)

また、ローカルのお店が立ち並ぶ場所に行ってみると、感じの良い店員さんがカタコトの日本語で優しく対応してくれますがそれに夢中になっている間にポケットから携帯を盗まれるなんてことや、少年グループが一番若い子供を使って近づいてきて気づいたら少年グループに囲まれてお金を取られるなど・・・

「日本人はお金持ち」

これはフィリピン人に浸透している概念です。

フィリピン人は家族への愛情や思いやりがある反面、それを使って悪いことをしてくる人もたくさんいます。

日本と同じ感覚でいると簡単に騙されたり被害に遭ってしまいます。

今回のような良い話、悪い話を参考にして、フィリピン人の特徴を知ってもらえれば嬉しいです。

次回の記事は

フィリピン人がとてもポジティブなこと、小さな嘘をよくついてくる

という内容で記事を書いていきます。

ではまた!

-留学&国際恋愛

Copyright© 筋トレ×旅行で世界は変わる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.